保険募集に関する論点2009年06月10日

2009年6月3日、金融審議会の保険ワーキンググループが「中間論点整理(案)」を取りまとめた。


個別論点としては①情報提供義務、②適合性原則、③募集文書、④広告規制、⑤募集主体、⑥募集コスト開示、⑦募集人の資質向上、⑧保険金支払、⑨商品のあり方、⑩保険料積立金等の支払 が掲げられているが、ほとんどのポイントが「保険商品に関する情報提供のあり方」に収れんされると思った。


つまり、多くの人が

(i) 生命保険の基本的な仕組みを理解し(公的保険と民間保険のすみわけ、貯蓄と保険のバランス、保険料と保障範囲のトレードオフ、どういう場合には支払われないかなど)

(ii) 自分にとって必要な保障を大まかに捉え(死亡保障、医療保障、老後保障をそれぞれどの程度確保するか)

(iii) その保障を確保するために自分にとってベストな保険会社(手厚いサービス+高保険料 か さっぱりサービス+低保険料)を選びやすい環境が整備されていれば、


多くの問題は解決されるわけだが、その多くは「クレディブルな(信用できる)主体によるフェアな情報提供」によって解決されるはずだ。


例えば、生命保険文化センターが出している「ほけんのキホン」という冊子は、生命保険の基本的な仕組みを理解するためには恰好の素材であり、すべての保険会社に対して募集時の事前交付を義務付けるべきとも考えられる。


また、医療保険については公的保障と民間保険とのすみわけについてもっと説明を義務付けるべきだし、貯蓄と保険のバランスについても説明する必要がある(現状の短期入院の保険であれば、「貯蓄が十分あれば不要」という考えも十分になりたつ)。


そして、必要な保障についてある程度の理解が得られたら、あとは複数の保険会社を比較して、自分にとってどこがベストか、つまり各社の商品サービスがどのようなメリット・デメリットがあるのかを判断するためにも、たとえば私が尊敬するベンチャー経営者のひとりである浜田佳治氏率いるアドバンスクリエイト社が運営する保険市場は、保険会社や販売側の論理ではなく、もっぱら消費者の立場に立った保険選びを実現しようとするための素晴らしいプラットフォームを提供しているし、当社が進めようとする募集コストの開示もまた非常に有用になるはずである。


なんていう原稿を書いているので、頭の整理のためにブログにまとめてみました。