never too late2010年02月22日

80代の名経営者の方とランチをした。

曰く、「5年前から中国の会社の役員になったので、中国語の勉強をはじめた。ヒアリングは難しいが、しゃべりと読み書きは不自由しない」

とのこと。

凄い!

いくつになっても遅すぎる、ということはないのですね。

この方に新しい挑戦ができるのであれば、どうして30代の僕たちにできないのだろうか!

というわけで、もっと積極的に新しいことに挑戦していかなければ、と思わされたお昼でした。