父子家庭2009年11月05日

今朝の日経39面。父子家庭の子育て支援について、具体的な家族の事例を交えて紹介されていて興味深かった。

「シングルマザー」は周りにいるので、「母子家庭」はイメージすることがあっても、「父子家庭」をイメージすることはほとんどなかった。

また、男性は女性に比べて、まだ社会的には経済的には強いので、男性であればなんとか働いて食わせていけるだろう、という思い込みもあった。実際には雇用環境も厳しいし、配偶者の看病など色々な状況で仕事を辞めざるを得ないことも。こういう記事は、自分の狭い視野を広げてくれる意味でありがたいです。

実際の手当て支給となると、限られた財政のなかで、どれも大切な社会的目的の中でいかに優先順位をつけていくのか、という難しい作業があるのでしょう。少なくとも男女で差別的取り扱いはしない、ということは重要なのでしょうが。